ママさんQ&A

Q.妊娠を望む方々がいろいろご質問されているようで、私もその一人です。
結婚して1年です。もう33歳なのですぐにでも妊娠を望んでいるのですが毎月残念な思いをしています。基礎体温は付けていませんが月経周期は安定していて、自分で排卵日がおおよそ見当が付く(月経の日から16日目で、左右どちらかの下腹部に鈍痛がある)のですが、妊娠の可能性を高くするにはどのような方法がありますか?
若しくは診察を受けた方が良いのでしょうか?

A.自然に妊娠される条件として(1)排卵があること(2)精子が十分いること(3)卵管の通過性や可動性が良いこと(4)頚管粘液の条件が良いこと(5)着床がうまくいくことなどが挙げられます。
不妊カップルは10組に1組の割合で存在し、その原因は1/3が女性因子、1/3が男性因子、残りの1/3が男女共に子供ができにくい因子があるためと言われています。月経が安定しており、排卵痛もあるということで(1)の排卵があるはクリアしていると考えますが、男性因子など他の因子がわかりません。不安を解消し、早く子供さんに恵まれるために一度、御夫婦お揃いで産婦人科外来を受診され、十分な説明を受けられた方が良いと考えます。

Q.母乳について質問です。
生後2ヶ月のとても元気な男の子がいますが、片側のおっぱいがつまってしまい、初めての経験でとても心配です。最近、食事を気にせず、甘いものなどを食べていたせいもあると思います。
マッサージをして、食事も改善していこうと思いますが、おっぱいは元通りに出るようにもどりますか。この為、月曜日に病院へ授乳指導を受けに行く予定ですが、それまでの間、不安です。

A.ご指摘の通り、甘いものや乳製品(ケーキなど)を摂ったらすぐに搾乳するか授乳させることが良いと考えます。できれば、そういうものは摂らないよう心がけて下さい。あと肉類や油物も取り過ぎに注意しましょう。処置としては、乳腺炎を起こさないよう早めの乳房処置が必要です。処置が終われば、また出るようになります。水分は多めが良いでしょう。

Q.結婚して2年になります。1日でも早く子供が欲しくて診察に何度か行き1度目の時はちゃんと排卵していましたが次の月は排卵をしていませんでした。それから次も排卵をしなかったらと考えると不安で診察に行けずにいます。もし排卵をしていなかった場合は治療法とかあるんでしょうか?薬の飲用とか必要になるんでしょうか? できれば薬などは使わずに治療したいと思っています。基礎体温は付けていますが不安定なときが多いように思います。どういうことが考えられるでしょうか? よろしくお願いします。

A.年齢が不詳なので何とも言えませんが、基礎体温が不安定ということで排卵がうまくいっていないか、黄体機能不全が考えられます。いずれにしても、勇気を出して産婦人科外来を受診され、不妊の原因がどこにあるのか簡単な検査から順次受けられたほうが良いと考えます。不妊原因が女性に有り、排卵障害があれば、ホルモン検査等受けられた後、必要なら排卵誘発剤使用となります。まずは、時間をかけて十分な説明を受けられることをお勧めします。

Q.結婚して1年になりますが、まだ子供ができません。もともと生理不順なので、排卵がうまく行えてないせいだとは思うのですが。
排卵誘発剤を使って妊娠した話をよく聞くので、私も使いたいなぁと思うのですが、やはり最初から薬に頼るのは良くないですか?でも、生理が順調になるのを気長に待つなんて出来ないんです。不妊で何年も妊娠できない人に比べたら、結婚して1年なんてまだまだと思われるかもしれませんが、どうしても早く欲しいんです。

A.通常、避妊していないカップルの方は1周期で30%、1年間の累積で90%の妊娠率です。残り10%のカップルが結婚後1年しても子供に恵まれないことになりますが、この場合不妊症の検査加療が必要となります。生理不順ということで排卵の有無を知ることは大事です。排卵の有無は通常基礎体温でみます。1カ月以上記載されて産婦人科医を訪ねてみたらいかがでしょうか。

Q.母乳について、質問です。妊娠4ケ月の妊婦です。(初産)
できれば母乳で育てたいと思い、おっぱいマッサージもがんばろうと思っていますが、もし出産が帝王切開になった場合母乳が出ない!あるいは出にくい!ってことは、ありますか?
ちょっと小耳にはさんだもので、教えて下さい。自然分娩と帝王切開で、母乳に差が出るんでしょうか?よろしくお願いします。

A.自然分娩も帝王切開分娩も乳汁分泌に差はありません。粗食をするとおっぱいがよく出ると言われます。母乳栄養を一生懸命指導されている方に言わせるとなるべく動物性食物(肉・牛乳など)を控えて水分の多いものを摂取するようにと言われます。帝王切開直後は食事がとれず点滴をしますのでかえって分泌の良い方があります。何よりも母乳で育てたい気持ちがあればきっとうまくいきます。ただし、妊娠中(中期以降)からの乳房管理をきちんと手入れをしておくことが大切です。自然分娩・帝王切開にかかわらず、分娩直後から頻回に授乳することも大切です。もっと詳しく知りたい方はLCなかむらの助産婦に直接お尋ね下さい(一般の方にも母乳セミナーの勉強会を行っています)。

Q.里帰りお産をしたいのですが、予定日の何日前迄に病院にいけば良いのですか?

A.リスクのない普通の妊婦さんであれば36週に入る少し前においでいただければ十分だと考えます。紹介状があればいつでも構いませんが、できれば妊娠中1回里帰り先の医療施設をみておいた方が良いでしょう。ただし、早産の症状のある方、太り過ぎや逆子などの異常・母体合併症のある方は主治医と相談され、なるべく早い時期に里帰りされるべきでしょう。

お問い合わせ

駐車場について

ロゴ

ロゴについて

りんごの美しく愛らしい希望と、無限の可能性を支えるレディースクリニックなかむらです。

スタッフイメージ

スタッフ募集

看護職員(看護師・准看護師)募集中です。くわしくはこちらまで